20年以上使い続けたミシン。

私の相棒ミシン

JUKI シュプール90ミシンついに・・・壊れました。

私のミシン JUKI シュプール90

さすがに、20数年使い続けたものとサヨナラするのはショックでしたよ。

「こりゃ~骨董品や」とか、ミシン屋のおじいさんに呆れられつつ、面倒を見てもらい

ちょっとした修理なら自分で出来るくらいになっていたのですが、

先日、縫っている最中に ゴトン!! という音がして、中を開けてみたら

部品が折れていました。

さすがに自力では治せない上、毎年細々した修理費がけっこうかかっていたので

潮時だと思い、新しいのを買いにいきました。

職業用ミシン選び

工業用とか職業用とか、言われてますが、違いはわかりません^^;

要するにプロが使うミシン。

ミシン屋のおじいさんの「職業用ミシンに比べたら、家庭用なんかおもちゃみたいなもんや」

との言葉通り、縫い心地、仕上がり共に全然違います。

私が最初に手にしたものは、文化服装学院入学時に購入した職業用ミシン。

当時はJUKI派と、ヌーベル派がいて、新一年生が買うのは このどちらか。

一応両方をさわってみましたが、

JUKIは自動糸切りがついているし、糸をかけるのも断然JUKIが楽。とのJUKI派の先輩のアドバイス通りにJUKIシュプール90を購入しました。

それから使うこと数十年。

ほぼ毎日、ずっと使っていました。

ミシンにさわらずに過ごせる限界・・・三ヶ月です。

海外に行っていたりしていると、二ヶ月くらいから「あーミシンがなくて不便」という気持ちが

ふつふつ。

一度、ミシンが恋しくて、不便で、困り果て、友達のお母さんからアンティークなミシンを借りました。それはもう、とってもステキな手回しミシンでしたが、

JUKIの、あのドーーーーーっという重みのあるスピードが、必須装備だと痛感。

これだけ使い込んできたので、なるべくシュプール90に近いものを希望し、

JUKI SL-300EX にしました。

JUKI SL-300EX

シュプール90とJUKI SL-300EXの違い

新しいミシンを実際に使ってみた結果、ほぼ、変わりません。

しかし、少しずつの違いはありまして・・

違いは、まず、お値段!

かなり覚悟して行ったのですが、当時シュプール90を購入した時の半額以下でした。

新しいだけあって、音も静かで良いですよ。と、言われましたが

縫ってみた体感では、あまり違いは感じません。

良くなったところは・・・

ない。 ^^;

悪くなったところは・・・

糸掛けが面倒に。

JUKIの良さは、糸を引っ掛けていくだけなので、片手でぱぱっと糸がかけられた。

熟練してきたら、目にもとまらぬ速さで糸を掛けることが出来ました。

しかし、糸掛けの最初の部分が、昔のヌーベルのように穴に糸を通さなければいけなくて。

糸の色替える度に 「なんなのよ、この不便な穴」って思います^^;

それ以外は、ほぼ変わらず使えるので嬉しいです。

忙しい時に、慣れない機械と格闘するとかイヤですもん。

未だに人気シュプール90

おじいさんは骨董品だとか言ってましたが、ネットではまだまだ現役!

人気の高いシュプール90はたくさん売られています。

というのも、20年30年使うのがあたりまえの機種だからです。

良いのに当たれば、末永く活躍してくれるでしょう。

けれどヘタをすると、ここ数年の私のように修理費がかさみます。

「ミシンは人に貸してはいけない」と習いました。

別の人が使うと調子が狂うのです。

すごく、実感しました。

機械だけれど、生き物のような。。

自分の相棒。

新しい相棒を早速、こき使ってます♪

ティーコージー

可愛いティーコージー

熱い紅茶が美味しい季節となりました。

紅茶を美味しく、ゆっくり楽しむための必須アイテム・ティーコージー。

是非こちらをティーポットに被せて、秋の夜長。

ゆっくりとしたお茶の時間をお楽しみください。

ご希望の方はティータイム研究所へ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング