紅茶研究家も登る、あの巨大岩「シーギリヤロック」~スリランカ~

久々に紅茶買い付けの旅の記録です。

ティーインストラクター・エレナがスリランカ各地の茶園を一軒一軒訪ね、茶畑に入り、それぞれの製茶工場で茶葉の香りやお味をじっくり吟味し、購入した茶葉を日本へ送ります。

普段は、茶園から茶園へ移動するだけの慌しい旅ですが、今回は少々ゆっくり。。

お楽しみも兼ねた旅行で、観光地にも訪れました。

その最終日、夜の飛行機で帰国する前に、

スリランカの世界遺産「シーギリヤ・ロック」へ登ります♪

シーギリヤ ロック

入り口に到着しました。

目の前にそびえるのが、シーギリヤロックです。

シーギリヤ・ロック

上から見るとこんな感じ。(シーギリヤ Wikipediaより)

空撮 シーギリヤ

サーモンのたたき。パセリソースがけ。。に見えますが^o^;

岩山ですっ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シーギリヤロックとは・・・高さ200mのこの山頂に、5世紀後半王宮が築かれました。現在世界遺産でもあるこの遺跡は、19世紀後半イギリス人に発見されるまで、約1400年間も眠っていました。
その昔シーギリヤを治めていたダートゥセーナ王には、二人の王子がいました。兄のカーシャパは、身分の高い母を持つ腹違いの弟に王位を奪われることを危惧し、父である王を生き埋めにし、王位を剥奪してしまいます。そしてインドへ亡命した弟の復讐を恐れ、この要塞王宮を造るのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いざ、切り立った岩山を登ります !

シーギリヤロック登り口

と言っても、階段がついています^o^

しかしながら、かなり急な階段を登ることになります。残念なことは、人気の観光地のため、

時折渋滞が・・・

シーギリヤロックに登る

階段自体は、思っていたほど大変ではありませんでした。

それに上へ登るにつれ、変わっていく景色が素晴らしすぎます♪

シーギリヤロックから眺める景色1

こちらは登り始めの景色。

頂上に到着すると、一面のジャングルが見渡せました。気持ちのいい景色!

シーギリヤロック 頂上からの景色

上部は、宮殿の遺跡が、残っています。

シーギリヤロック 頂上の遺跡1

シーギリヤロック 頂上の遺跡2

シーギリヤロック 頂上の遺跡3

この景色をみていると、ふと「天空の城ラピュタ」を思い出しました。

まさにここは、ラピュタの世界じゃない?と、いやそうだよ、絶対似てるよー!!と一人でちょっと興奮してしまいました。

思いがけずにラピュタの世界を体感でき、嬉しかったです。

きっとジブリファンなら感動すると思います!

シーギリヤロック 頂上の遺跡4

本格的なティーセットをバスケットに詰め、

スリランカのカラフルな織物なんかを広げて、ここでピクニックティーが出来たら最高です^o^

当時、この王宮で暮らしていた王様や人々の暮らしは、どのようなものだったのでしょう。。

当時の絵がありました。

シーギリヤロックの当時の姿

シーギリヤの昔

昔は、こんな感じで栄えていたみたいです。

当時のシーギリヤロック

なんとなく、現代のゲームの世界にありそうな景色。

リゾートホテルのプールみたいな水場が何種類もありますが、それぞれ用途が違うんでしょうか?

左の水場は、ゾウさんの水浴び場なのかな?中央の四角い芝生は、まさかパターゴルフではないでしょうが・・何でしょう?気になります。

遺跡にくるといつも「タイムスリップしてみたいなー」と、思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ