ティーファクトリーホテルのテラスで夜明けのティータイム

朝焼けが美しいホテル

久しぶりの紅茶買い付けの旅記録です。

スリランカで最も標高の高い紅茶の産地「ヌワラエリヤ」にて、

植民地の雰囲気の残る高原にある茶畑を訪れ、繊細な茶葉を購入。

その後、観光スポットにもなっている、紅茶の製茶工場をホテルに改装した

「ティーファクトリーホテル」に滞在しました。

このホテル、アンティークな工場の雰囲気が人気ですが、

もうひとつのお楽しみは夜明けの景色です。

高い山の上にあるので、朝日がすばらしいんです。

それでは、紅茶研究家の旅記録、始まります。^o^

「ティーファクトリーホテルの朝日」

朝日見るなら6時だよ、とホテルの人から教えてもらったので、翌朝早めに起きて、

ホテルの外に出てみました。

うっすら明るくなってきて、遠くを眺めると、なんと雲海が!!!

夜明けの雲海

本当にきれいな景色に感動しました。

少しすると、山のてっぺんあたりから、朝日が顔を出してきました。

スリランカの日の出

綺麗。久しぶりにゆっくり朝日を眺めました。

いつもここに来るときは、早朝出発だったり、雨だったりで中々機会に恵まれなかたので、

一度、ここのテラスでゆっくりお茶がしたいなぁーとずっと思っていました。

ようやく今回、晴天の中、このテラスでゆっくりお茶が出来ました。

スリランカの朝日

肌寒い早朝の空気に、熱々の紅茶。

紅茶の温かさが体に染み渡り、今日も元気に旅が続けられます。

さて、念願の「ティーファクトリーホテルのテラスでのお茶」を楽しんだ後は、

少し都会へ。

街そのものが、世界遺産になっている古都・キャンディのあるキャンディ地方へ向かいます。

「ヌワラエリヤからキャンディへ」

ティーファクトリーホテル
ティーファクトリーホテルに別れを告げ、ヌワラエリヤの町を通り抜け、
山を下りていきます。
ヌワラエリヤの町には、新鮮な野菜がいっぱい!
どれも美味しそうです。
スリランカの野菜1
キャベツ、紫キャベツ、白菜、大根なんて南の国では意外な気もする野菜も並んでいます。
スリランカは標高が高く、熱帯の気候ではない地域が多いので、
いろいろな種類の野菜もできるんですね。
よく見ると、野菜を入れてくれるビニールの袋もスリランカらしい
カラフルで可愛い感じです。
スリランカの野菜2
中々、現地で食材を買ってお料理する機会はありませんが、
マーケットなどに行くと、色々買ってみたくなります。
これから行くキャンディ地方は、観光スポットである仏歯寺やマーケットで賑わい、
かわいいギフトショップなんかもたくさんあります。
ゾウさんをモチーフにした雑貨や、エスニックな食器。ギフトショップを覗くたび、
いいなぁ♪ 紅茶とセットで販売したら可愛いかも・・なんて思いますが、
スリランカのお店は、ぼられることのない定価制なのですが、元々結構お高いんです。
毎度、あまり時間がないこともあり、じっくり考えることもなく通過してしまっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントの入力は終了しました。