りんごすぎる!!究極のアップルティー

りんごが好きになって・・

クリスマスのアレンジティーにと、エレナリーフで美味しいアップルティーの作り方を

教えてもらって以来、リンゴ好きになりまして。♪

リンゴの食べ方を色々研究。。

手作りドライアップル

リンゴを薄切りし、オーブンで焼いただけのお菓子が美味しすぎて、かなり気に入ってます。

簡単だし、見た目もかわいいですよね♪

リンゴ大量消費におすすめです^o^

りんごって、当たり前ですが季節物なので、毎年冬の始め頃

収穫時期にあわせあちこちへ送られ・・

「食べきれないから、もらって~」「食べきれないから、もらって~」「食べきれないから、もらって~」

と、なる時期も集中しちゃうようで、

数日のうちにあちこちのお宅から少しずつ頂き、気づくとゴロリ ゴロリ・・

私も、食べきれない。^o^; という事態になりがちですが、

オーブンで焼くと、食べやすい! 食べやすい!

丸ごと1個分のリンゴが、「あれれ? もうたべちゃった!?」となります。

生のリンゴが好きな方は・・お好きかわかりませんけれど。

私は元々生のリンゴは苦手だけど、アップルパイなどは大好きでした。

ちなみに、外国のお土産によくある、ドライフルーツは、叫ぶほど苦手です^^;

あれが好きという人に合ったことはありませんが、

何故かギフトショップの定番商品ですよね・・

オーブンで焼いたリンゴは、あの手の「ドライフルーツ」とは全くの別物です。

さて、この美味しい食べ方を発見する前に、アップルティーの究極版を考え、試作してみたのがこちら。

究極のアップルティー

ティータイム研究所、仕事を持ち帰り夜中に一人で研究・開発した究極のアップルティー

こちらです。

まず第一に、味、香り・・以前に、リンゴ度をこれ以上上げられない!!

という尺度での究極のアップルティーでございます。

アップルティーの「ティー」は、どこにあるのかというと、

ぎぎぎぎぃ~

リンゴのカップ1

な、なんと・・・リンゴが、

まるで、ティーカップのようになり・・・

リンゴのカップ2

紅茶が入っておりました。。。。

いかがでしょうか^o^;

リンゴをもうひとつ使って、持ち手やソーサーを作ろうと試みましたが中々うまくできず

それならいっそ、ただの丸いリンゴなのに、なんと中に紅茶が入っている不思議なリンゴ・・

とするにも、切れ目くっきり。バレバレだし。という結果になりました。

おっと、肝心のお味をお伝えしておりませんでした!!

究極のアップルティーのお味は・・リンゴ

究極のアップルティー

くりぬいたリンゴに、エレナリーフ・キャンディ紅茶を注ぎました。

まず、想定外の冷めやすさ!!

あっというまにぬるくなりました。

あぁ・・エレナリーフの「美味しい紅茶の入れ方」にも書いてありました。

カップは温めておいてね。 

これも温めるべきだったかしら?

そして、リンゴの味や香りが、紅茶に溶け込んだかどうか。。。

これは、カップがすでに本物のフレッシュなリンゴですので、溶けたか、

香りが移ったかとかいう話ではない状態となりまして・・

飲んでみても、ほぼリンゴの味しかしませんでした。^o^;

以上。

ナゾの実験結果でした。

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントの入力は終了しました。