計量スプーンって大、中、小だと思ってた!!

長年の勘違い

大変な思い違いをしていました (;° ロ°)
エレナリーフ・デザイナーです。
私は子供の頃に、大好きなお料理の本を見て、順番に全部作って以来、

家にあるものでささっと料理することが出来る小学生となり・・

逆に、名前のある料理を作るのが苦手となりました。

もちろん材料を測るなどということは絶対しません。そんなことをしたら、測るのに使うカップやスプーンの洗い物が増えるから。

ですから、お菓子を作っても失敗しかしない。笑

ここ数年、ちゃんと測ってお菓子を作ったりするようになりまして、

時々使うようになった計量カップ。秤。計量スプーン。

計量スプーン

計量スプーンって、大きなスプーン 中くらいのスプーン すごく小さいスプーン

の三つがセットになっているのがメジャーですよね?

茶葉を測るスプーン

私はこれを、大、中、小と認識しておりまして・・・

つまり、

大さじ  中さじ  小さじ   の、三本セット

だと思っておりました。

もー、子供の頃からずーーっと、そう思って生きてきました。

間違っていたのですね!!

正解は・・・

計量スプーンの正しい値

大。小。小の1/4という三本セットだったのです。

めったに使わないし、どうでも良いけれど、まれに必要になる場合に備え、祖母の時代からキッチンの引き出しの奥で眠っているような計量スプーンです。

これがおかしい。もしくは時代錯誤なのかもしれないと思い、

ネットで「売り上げナンバーワン!計量スプーン」なんて商品を見てまわりましたが、

いくつか種類はあるものの、基本は「大。小。小の1/4」みたいですね。

いゃ~お恥ずかしい。

いや、でも、これって、私と同じように「大さじ中さじ小さじ」って思っている方、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

思い返せば、おかしいなって思うことはありました。

何かレシピを見て作ろうとした時に、

塩小さじ1/4 とかね。2.3人分のおかずを作るのに、塩小さじの1/4?と思ったことがあったり。。。

小さじ一杯って、多いのね!

何十年も気づかなかったことに、何故今気づいたのかというと、

いつもね、エレナリーフ・ウバ紅茶を淹れる時、濃くなりすぎることが多いんです。

紅茶の茶葉を測る用のスプーンを使っているのですが、ちょっと使いにくいので

少々いいかげんになる上、

お湯の量を測ってなければ、いくら茶葉を測っても意味がありません。

お湯の量はこのポットにこれくらい。と、憶えていたので目分量でした。

一度、きっちり測ろうと思い、水を測ってお湯を沸かし、

パッケージに記載してあるエレナの指示を見て・・・

「ええっ?? 小さじ? 」

た、大っ変!!

表記ミスか?

落ち着け・・

と、手に持っていた計量スプーンをじっと見たんです。

すると、そこに、うっすらと文字が見えました。

おおさじ

こさじ

こさじ4分の1

は、はにゃにゃ???

三本のスプーンの柄の部分にそれぞれ、

おおさじ  こさじ  こさじ4分の1 と書かれているではありませんか!

それで初めて知りました。

なんか凹凸があるのは気づいてましたが、持つところだからすべり止め かなぁ。なんて。^o^;

デザイナーが計量スプーンについて大きく間違えておりましたが、

紅茶研究家がしっかり選び抜き、より美味しく飲んでいただこうと記載した紅茶の入れ方は

間違っておりません。

安心して、ティータイムをお楽しみくださいませ。

計量スプーンの小さじ2杯の茶葉に、沸騰したてのお湯300ccを注ぎ、

フタをして2分蒸らし、茶漉しで濾していただければ、

ティーカップ2杯又は大きなマグカップ1杯の

美味しい紅茶が出来ます。

あーぁ。

こうなったら、お花や妖精で激しくデコレーションされつつ、

しっかりサイズ表記された可愛い計量スプーンを発売したいです。

ほら、新婚さんへの「新生活がんばってねギフト」とか・・

需要がありそうではありませんか? ^o^

専門の茶葉を計量するスプーンがなくとも、

一般的な計量スプーンがあれば、紅茶も美味しく淹れられます。

紅茶によって少し違うので、パッケージに付いてる紅茶の入れ方や、

同封しています↓こちらのリーフレットをご覧下さい。

リーフレット

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。