紅茶の等級一覧

昨日の続き・・

紅茶の等級一覧

紅茶の等級一覧ポスター

今回はエレナからのギフト、等級一覧ポスターより、紅茶の等級を ざーっとご紹介。

OP ・・・オレンジペコー

OP形状は、大型で、よりがかかっている。

サイズは1cm~1.5cmと長い。

OPA(オレンジペコー・エイ)に比べると、茶葉自体がほっそりしている。

果物のオレンジとは関係ない。

ペコーとは、中国福建省の言葉で「ペッホウ」と言い、

白い毛の部分という意味。

オレンジは「デイオウ」。

紅茶を淹れると黄色味がかった橙色になったことから、紅茶の水色(すいしょく)のことを表現したもの。

BOP ・・・ブロークン・オレンジ・ペコー

bop葉っぱ自体をカットしてふるいにかける。

2~3mmの形状にそろえられたもの。

ハイグロウンやミドルグロウンで多く作られる主力品であり、高級品。

水色(すいしょく)はオレンジ色で、透き通るような透明感がある。

味はまろやか。

P  (PEKOE)・・・ペコー

出来上がりのサイズは長め。7~8mm前後のものが多い。

同じペコーでも、ハイグロウンとミドルグロウンで作られたものと、

ロウグロウンで作られたものとは形状が全く異なる。

ロウグロウンのペコーは、大きなリーフサイズが

くるくると丸まっている。

OP1・・・オレンジペコー・ワン

op1OP (オレンジペコー)より、もっとよりが、しっかりかかっている。

仕上がりは針のように細長くなる。

ロシアや中東に多く輸出されている。

BOP1・・・・ブロークンオレンジペコー・ワン

bop1上記のオレンジペコー・ワンよりも、

出来上がりの茶葉の長さが少し短い。

FBOP・・・・フラワリー・ブロークン・オレンジペコー

芯芽が入ったブロークン・オレンジペコー。fbop

FBOPF1・・・フラワリー・ブロークン・オレンジペコー・ファニングス・ワン

芯芽が入ったブロークン・オレンジ・ペコー・ファニングスの中でも、ナンバー1の品質という意味。

現地では「エフエフワン」と呼ばれている。

FBOPF ex.s.p.・・・・フラワリー・ブロークン・オレンジペコー・ファニングス・エクストラスペシャル

フラワリー・ブロークン・オレンジペコー・ファニングスの中でも、芯芽をより多く含むもの。

高級品。

BOPF・・・ブロークン・オレンジペコー・ファニングス

葉っぱ自体をカットしてふるいにかける。

ブロークン・オレンジペコーよりも、ひとまわり小さいふるいにかけ

その網目を通ったもの。

味は深みが増し、パンチが出てくる。

ミルクティーにすると飲みごたえがあり、お勧め。

DUST 1・・・ダスト・ワン

パウダー状になった細かい茶葉。

商業用に使われる。

PF・・・ペコー・ファニングス

ブロークン・ペコーより少し小さいサイズ。

茶色がかっている。

その他細々とまだありますが、ポスターに載ってる

メジャーなものはこれくらいです。

種類多すぎて、何がどんなだか、わからなくなっちゃいます~。

紅茶検定って、こんなのも出るのかしら?? xox

すっかりテンションの下がった紅茶の妖精を押してね。

↓ ↓

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

こちらもクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。