シンデレラのような夢の邸宅。お庭はもっとすごかった。

現代の貴族の生活を体験!!

一夜にしてプリンセスになった気分のスリランカ紅茶買い付けの旅。

​​​​​​「ウバ 翌朝」

トーマスリプトン氏の邸宅に滞在し、紅茶会の大御所の方々と貴族のような夕食を共にした、

夢のような・・又、とっても緊張した夜の続きです。

お姫様気分でぐっすり眠り、

翌朝、トントンと戸をたたく音で目を覚ましました。

個人のお宅なので、ドアにカギはかけずにいましたので、「どうぞ」というと、
なんとベッドティーを運んで来てくれるではないですかーー!!
はい。文字通り、ベッドの上まで。

それも召使の方が。
「か、か、感動!!!」妖精のお姫様

ホテルなら、起き上がってドアを開けにいかないといけないのに、

寝てるところまで運んでくれて、

ベッドの上で美味しいミルクティーが飲めるなんて!

もはや、本物のお姫様ですっ。笑

この上ない幸せでした!

可愛い紅茶飾り

小さなパッケージの中に、美味しさと安らぎをぎゅっとつめた、贈り物になるような

ギフトティーを作りたい!

茶畑で働く人たちも、紅茶を飲む人も、みんながにっこり笑顔になるような紅茶を作りたい!

その思いで何年も、休みなく走り続けてきました。

そんな一日本人が、リプトンさんのお屋敷でベッドティーを飲んでいるなんて、

本当に感無量です。

飲み終えるころ、マネージャーさんがやってきて、

「とってもよいお天気なので、朝食前に景色のよいところへ散歩がてら行きませんか?」

窓の外には、雨季とはおもえない素晴らしい晴天が広がっていて、絶好のチャンスでした。

すぐに着替えをすませ、朝の散歩に出かけました。

お庭を散歩

バンガローの目の前に広がる英国庭園を進むと、

不思議の国のアリスに出てきそうな、木のアーチがありました。

アリス・イン・ワンダーランドにありそうな木のアーチ

絶対、妖精居ますよねっニコニコ

そして、現れる色とりどりのお花。

何種類もの、かわいい花

それはそれはたくさんの種類の南国のお花たちを眺めながら、歩いていきます。

すると、左側に、突然ぱーっと視界が開けました。

壮大なウバ地方の景色

あまりの素晴らしい景色に息をのみ言葉が出ませんでした。

ウバです! ウバの山と谷です!

ここを吹き抜ける風が、ウバ紅茶を美味しくしてくれるんです。

小鳥のさえずりを聞きながら、

リプトンさんも眺めただろうこの素晴らしい景色をしばらくの間、

堪能させていただきました。

ウバの山と谷

ここは、リプトンズシートではなく、マネージャーさんのバンガローのお庭の一角です。
自宅の庭にこんな素晴らしい景色が見れる場所があるなんて、なんて贅沢なんでしょう。
心がいっぱいに満たされ、バンガローへもどりました。

戻ると、もう朝食の準備が整っているではありませんか。♪ ♪

召使さんがいる生活って素晴らしいですね!

美味しいカレーを頂きました。

かわいい朝食のカレー

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。