スリランカの、お宅訪問二本立て

お宅訪問

社長さんのお宅へ

熱帯雨林の山の中の茶園にて・・続きです。

工場を見終えたころ、マネージャーさんがお茶を用意して待ってくださっているとのこと。

嬉しいですね。テイスティングで集中した後のホッと一息ティータイムです。

敷地内にある、マネージャー(社長)さんのバンガローへ向かいます。

茶園の社長さん宅でティータイム

社長と奥さんと一緒に、ティータイムを楽しみました。

もちろん、ここで出来た紅茶。

そして何種類もの手作りお菓子とサンドイッチ。

これがまた、美味しいんです!

沢山、海外から訪問客があるにも関わらず「あなた、前も来たわよね。覚えてるわ!」

と覚えていてくれました。 嬉しいです!にっこり
そして、ティーポットのネックレスと指輪を、とても気に入ってくださいました。
次回行くときはプレゼントで差し上げようと思います♪

小さな茶園へ

ニュービターナカンダ茶園に葉を収めている個人農家さんのお宅へ伺いました。
お庭はこんな感じ。

すごい。

どこまでがお庭か、どこまでがジャングルか・・じっくり探検したいです^o^♪

手前の小さな木が、茶の木たちです。植えて数年なので、まだ小さいんです。
胡椒に、パイナップルも栽培しておられます。

熱帯雨林のルフナ地方は、小規模の個人でやっておられる茶園が多く、このように他の作物との兼業茶園が多いのです。

他には何を作っておられるんだろう。

めずらしい熱帯植物たちに、ワクワクします♪

けたたましい鳥達の声に、上を見上げれば、

椰子の木には実が鈴生り^o^

スリランカ・・といわず、熱帯の国全般でよく見かける椰子の実で出来たギフト製品。

現地の方は、毎日の食事など、実際に色々活用されています。

農園のキッチン

ココナッツは、カレーに使うので、

毎日、このように半分に割り、

中の白いところをそぎ、

水を加え使います。

カレー粉です。

薪を使い、火をおこします。

毎日のことなので、実際は手間も時間もかかるでしょうし、大変だとは思いますが・・

それでもやっぱり、

お庭で採れた食材を、

薪で火を焚き、お料理して頂く。。

最高ですよね^o^

本日で、熱帯雨林のルフナの旅は

終了です。

次に目指すのは、

ぐーんと一気に山の上。

標高の高い、山と谷の紅茶の産地

ウバへ。

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。