黒い紅茶ルフナ

スリランカの続き

ギフト紅茶・エレナリーフのスリランカ滞在記。。ルフナにて。

今回は、不思議な黒い紅茶、ルフナ紅茶のお話。

ルフナ紅茶の看板ルフナの紅茶

ルフナ紅茶の茶葉ルフナ紅茶は、とても特徴のある紅茶なんです。

スリランカの南部で採れる、熱帯雨林の黒い茶葉。

この黒い色が、独特な強さと芳香を与えてくれます。

海抜 600m以下の低い土地で栽培され、独特の茶葉の色と味で紅茶好きをうならせます。

暖かい気候と肥沃な土壌に育ったお茶の葉は、金銀色の新芽を付けます。

ここで産出された紅茶は、濃い味で、ミルクティーにするか、あるいは、

ストレートでその濃厚な甘い味を楽しむ人に最適です。

パッケージの絵の妖精の子供たちも、ミルクティーを作っていますよ♪

今までルフナと呼ばれていた地域を、近年は

①サバラガムア と ②ルフナの2つのエリアに分けて呼ばれています。

今までは二つひっくるめてルフナでした。

地図で見ると、昔のルフナの上半分がサバラガムア、下半分がルフナという感じ。

ニュービターナカンダ茶園は、このどちらかというと、サバラガムア地域に属されます。

サバラガムアのエリアとしては、ラトナプラ、バランゴダ地区があります。

ラトナプラ/バランゴダ地区・・・モンスーンが運ぶ強い南西風は、場合によっては、

お茶の木に被害をもたらすのですが、ラトナプラの西に位置するシンハラージャ森林保護区の森が防壁の役目を果たしてくれます。

良くもまれた黒い茶葉と明るい水色(すいしょく)が特徴。

水色・すいしょく とは、紅茶を淹れた時の液体の色のこと。

椰子の木のジャングルに守られて育った、濃厚な黒い紅茶。。。ルフナ紅茶。

まずはそのまま、何も入れずに味わってみてほしいです。

そして、ちょっぴり南国気分でお砂糖とミルクを入れた、

甘いミルクティーをお楽しみください。

茶葉の妖精テティ

ルフナ地域は、個人農家なので、道端で、茶の苗木を売っているのを見かけます。

お茶の木の苗を売る風景

これも、この地域独特の風景ですね。

応援クリックおねがいします♪

↓     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。