金柑紅茶を作ろうとした結果・・

金柑ティー

紅茶研究家と行く~スリランカ~紅茶の旅の途中ですが、

ちょっと一息、ティータイム研究所の研究レポートをお届けします。

わたくし、ティーインストラクターではありません。

ただのデザイナーで紅茶の素人でございます。きっと、紅茶検定も受かりません(^o^;)

しかしそれが大切なのです。素人目線でティータイムを研究することにより、

普段特に紅茶を飲まない方々にもわかり易く、気軽にティータイムを楽しんで頂くべく・・・

まぁ、つまり。。 近所の畑で金柑が売ってあったので、

「何にしようかな~♪」と、購入しまして。ティータイムの研究です(^o^)

金柑の木からの可愛いギフト達(金柑の実)を、どのようにしていただきましょう?

「そうだわ! レモンティー代わりに、金柑をスライスして入れてみましょう!」と、

金柑を輪切りにしてみたら・・・・かわいい!!    

これは可愛いティータイムになるわぁ~♪♪♪

と、思ったわけです。

早速、紅茶を淹れて・・・金柑を浮かべました。

あらららら?  予想とちがう。

もっと、可愛い輪切りがいっぱい浮いたのを想像して作ったのですが・・

沈んでしまいました。

思い返せば、レモンティーのレモンだって沈んじゃいますよね。

可愛さが、わかりにくくて残念。

輪切り金柑を、乾燥させてドライキンカンにしちゃえば浮いてくれるかもしれませんね。

お味は・・・

まずは、ベースになる紅茶選び。

金柑の風味に合う種類は何だろう。。

爽やかつながりでウバ紅茶にしようか、

いや、最初は何にでも合うディンブラ紅茶にすべきか、

ヌワラエリヤ紅茶の繊細な香りは、きっと金柑がぶち壊してくれるよね・・

キャンディ紅茶か? キャンディの町並みと金柑の見た目は合いますが、古都キャンディの町外れのもっと山奥で育った紅茶と金柑の風味が合うかどうかは別問題。

ルフナ紅茶は、合わなそうだなぁ・・

とりあえずキッチンにあったルフナ、ウバ、キャンディの香りを嗅いで、3種類の中から悩んだ末、

意外なルフナ紅茶にしてみました。

どれどれ・・・・良い香りがします!

これは成功では??

飲みました。

すす、すっぱーーーーーーーい (// >*< //;)

見た目の可愛さにとらわれ、金柑一個丸ごと入れたので、そりゃあ酸っぱいですよねぇ。

酸っぱさと、金柑の苦味が存分に発揮され・・・

過去に金柑ティーが流行ったことがない理由が良くわかりました。^o^;

しかし、最初の香りは大変良かったので、

干すか、金柑ピールにしたものを少量加えるなら、美味しい金柑紅茶が出来ると思います♪

金柑ちゃんに応援クリックしてね♪

↓  ↓

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村