じーさまばーさまスタイルで紅茶を入れても良いかどうか。

特大シナモンスティック

line

先日のハリーポッターごっこが楽しすぎてBGMがずっとハリポタ音楽のティータイム研究所です♪

スリランカギフトより、本日のご紹介はこちら。 全長55cmのシナモン。

53私事ですが、伝説の魔法の杖・ニワトコの杖って、こんなのだと思うんです。

杖職人オリバーンダー風に解説しますと、

55cm。 シナモンと、不死鳥の羽は・・・入っておらん。シナモンと、シナモン。シナモン100%じゃな。

あっ、またハリーポッターの話になっちゃった!!

でも、ほんと、魔法の杖にしか見えませんでしょ?

54

さて、この特大シナモンスティックですが・・

どのように使えばよいのでしょうか?

紅茶研究家エレナ~!!   一体、  これを、  どうしろと???

いやいや、そこでティータイム研究所の出番ですよ。

研究すれば良いのです。

そこで考えたのが、

大きな鉄鍋でアップルティーを作る

そして、このシナモンスティックでかきまぜる。

思考回路がまだ少々魔法的ですが、アップルティーにシナモンですよ。

ショウガも入れて正統派、楽しいクリスマスティーの完成です☆

しかし ! 紅茶研究家が言っていたのを思い出しました。

鉄瓶でお湯を沸かして紅茶を作ってはいけない

何故、鉄瓶で紅茶をいれてはいけないのか

紅茶の色が悪くなるから。       55

紅茶の成分のひとつ、タンニンが鉄と反応し、黒っぽくなってしまうそうです。

色の問題だけ?

それなら、森の妖精の紅茶だったり、魔法使いの紅茶だったら、黒っぽいのも又、

雰囲気が出るではありませんか♪

お味の変化は無いのでしょうか?

と、調べてみた所・・

紅茶の渋み成分・カテキンが鉄と結合し、渋みが減る。

つまり、飲みやすい、美味しい紅茶になる。と言える反面、

紅茶は渋みがあるから美味しいのです。とも言える。

要するに、人それぞれの好みということですか^o^;

それに最近、ヨーロッパでは鉄瓶が流行っているそうです。(もちろん紅茶をいれます)

となると、こんなティータイムも楽しんでみる価値あり。

57

婆さま~ 今夜は冷えるのう。   爺さま~ お茶が入りましたよ。 

婆さま~ こんな夜にはエレナリーフの紅茶が良いのぅ。  ほんとですねぇ 爺様~。

これをやってみてから、紅茶は鉄瓶で淹れるか否か。判断しましょう^o^

カテキンとタンニン

先ほど出てきた、紅茶の成分「カテキン」とか、「タンニン」とか・・よく聞く言葉ですが何だろう。

カテキンとは、渋み成分でタンニンの一種。

てことは、「タンニン」には、いくつかの種類があるようです。

タンニン」とは、ポリフェノールの一種。

          ? (x x;)

つまり、図に表すと、

56

雑にまとめると、体に良いので有名なポリフェノールが紅茶にいっぱい入ってる♪
コメントの入力は終了しました。